保険の節約方法を相談できるファイナンシャルプランナーの紹介サイトまとめ

ファイナンシャルプランナーへの保険相談で賢く節約!  » ファイナンシャルプランナーの資格も重要 » MDRT

MDRT

ここでは、世界的な資格「MDRT」について解説します。「MDRT」ってどんな資格でどうすればとれるのでしょうか?

「MDRT会員」=世界の保険営業マンの中でトップクラスの優秀FP

「MDRT」とは、Million Dollar Round Table(百万ドル円卓会議)の略で、生命保険と金融サービスの専門家による国際的な組織です。本部はアメリカ、日本にはMDRT日本会があります。

「MDRT会員」であることは、「世界の保険営業マンの中でトップクラスの優秀人材」であるという証明。「MDRT会員」は、保険、金融のビジネスリーダーとして、世界中で認知されます。

また「MDRT会員」は、厳しい倫理基準を満たす人格形成が求められているので、地域のリーダーとしての役割も期待されるようです。

MDRTに入会申請できるのは、各社の成績優秀者だけ。さらに厳しい入会基準を満たした上で、はじめて「MDRT会員」として承認されるものです。

しかも、MDRTの資格は永久ライセンスではなく、有効期間は1年で毎年見直しされるとか。つまり、高いスキル、実績、努力、顧客からの信頼がなければ、何度もMDRTの会員になることは難しいのです。

FPのエキスパートを見極めるMDRT日本会の権威

MDRT日本会の設立は1970年で、会員数は2014年4月現在3680名の登録があります。ただ、これは保険・金融の営業社員全体のほんの1%程度!MDRTの会員であるということは、保険・金融のビジネスパーソンにとって最高のステイタスだといえるでしょう。

生命保険会社も、MDRTの会員がどれだけ在籍するかで、社会からの信頼度が大きくかわってくるのは必至。

MDRT会員になれると、仕事へのモチべーションがあがる営業社員も多いそうです。保険相談の仲介業者も、「MDRT会員」であるファイナンシャルプランナーが在籍している会社ならば、まず信頼できる業者だといえるのではないでしょうか。

 
絶対に節約できる!保険相談のファイナンシャルプランナー選び