保険の節約方法を相談できるファイナンシャルプランナーの紹介サイトまとめ

ファイナンシャルプランナーへの保険相談で賢く節約!  » FPが斬る!種類別・保険の節約術 » 遺族年金を斬る

遺族年金を斬る

今回の保険見直しの大きなポイントとなったのが、遺族年金です。恥ずかしながら、夫も私も両親が健在であり、早世した場合の年金がどうなるかなんて全く考えていませんでした。

保険見直しの「キモ」は遺族年金にあり!

【遺族年金とは】

  • 夫が死亡した時に残された妻や子に支払われるもの。ちなみに妻が死んでも夫に支払われることはありません。
  • 夫の職業により遺族基礎年金、寡婦年金(国民年金=自営業系)、遺族厚生年金(厚生年金=会社員系)、遺族共済年金(共済=公務員系)と分かれており、基本的にはどのような場合であっても受け取れることになります。

我が家の場合は、夫に万一のことがあった場合、「子が二人いる妻」となり、さまざまな加算を経て年額約140万円強が支払われることになります。

※ この保険の計算は本当に面倒です。私も自分でやってみたらとっても苦労しましたが、FPさんはスラスラと説明してくれ、私の間違いも的確に指摘してくれました。こういうことはやはりプロに頼むのが一番だと思います。

心強い死亡退職金という存在

年額140万円と見たとき、月に10万強では生活費が足りないのでは?と思う方もいらっしゃったかもしれません。その足りない部分を補うのが、「死亡退職金」です。

これは、夫に万一のことがあった場合、会社から退職金が支払われる制度で、場合によっては「一身上の都合で」退職する時よりも加算されて支給されることもあります。

この退職金があれば、生活の立て直しのための一時金や、葬儀やお墓代などにも転用できます。手続きや支払い額については、各会社の制度によって違うので、機会があった時に夫に聞いてもらうのも良いかもしれません。

この遺族年金+死亡退職金で、残された家族の生活はほとんどまかなうことができます。つまり、3,000万円、5,000万円、1億円(!)といった死亡保障は要らない、ということになるのです。

逆に、死亡退職金がない自営業の方は、その分を死亡時の保障に組み込んでおいた方がベターといえるでしょう。

 
絶対に節約できる!保険相談のファイナンシャルプランナー選び